吉田成研究室  |東京工芸大学芸術学部写真学科|

写真表現・写真史・画像保存を研究する吉田成研究室。

<< ゼミ連絡用のカテゴリ | main | 写真画像の保存 >>
略歴
【学歴】
 ・日本大学芸術学部写真学科
 ・同大学院芸術学研究科文芸学専攻修士課程修了(芸術学修士)

【職歴】
・東京大学史料編纂所史料保存技術室 文部科学技官 1984.1〜2003.3
・玉川大学非常勤講師 1997.4〜現在
・大正大学非常勤講師 2002.4〜2005.3
・東京工芸大学非常勤講師 2000.4〜2003.3
・国立西洋美術館客員研究員 1999.4〜2002.3
・東京大学史料編纂所附属画像史料解析センター共同研究員 2004.4〜現在
・東京工芸大学芸術学部助教授 2003.4〜現在
・東京工芸大学大学院芸術学研究科メディアアート専攻 写真メディア領域助教授 2004.4〜現在

1994年9月から約1年間、文化庁派遣芸術家在外研修員として渡米。
ニューヨーク州ロチェスター市にあるジョージ・イーストマン・ハウス国際写真博物館において研修。同博物館研究科を修了(写真の保存・修復専攻)。
著書に「写真で見る幕末・明治」( 世界文化社)、「幕末・写真の時代」(筑摩書房)、「研究者のための資料写真 の撮り方」(理工学社) などがあるほか、写真の保存に関する講演を行ったり、国内外で写真展を開催するなど、創作活動にも従事している。

詳しくは、業績一覧を参照。
| 吉田 成 | プロフィール | 23:17 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ