吉田成研究室  |東京工芸大学芸術学部写真学科|

写真表現・写真史・画像保存を研究する吉田成研究室。

<< これからの写真 | main | 古写真の調査・鑑定の方法 >>
求められる力
デジタル技術の進歩に伴い、現在は、写真史の中で一つの分岐点にきているといえます。こうした中で、確かにある部分はデジタルに変わっていくことでしょう。しかし、だからこそ、より“感性”や“表現力”が重要になると思います。かつて写真技術が登場したとき、画家たちは職を奪われると思った時代もありましたが、それが直接的な理由ではないかもしれませんが、大きな力となって、近代、そして現代の芸術が花咲いています。写真も同じく、一つの分岐点を迎えることによって、もっと純粋な部分で可能性が広がり、人間のもつ根本的な力が重要になってくるのではないでしょうか?だからこそ学生時代にそうした力を鍛え、磨きをかけていくことが必要だと思います。また、写真家にとって、感じる心、感性はもちろん大事ですが、冷静に考える力(冷静な判断力)も重要な力の一つだと思います。
| 吉田 成 | DAYS | 15:42 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ