吉田成研究室  |東京工芸大学芸術学部写真学科|

写真表現・写真史・画像保存を研究する吉田成研究室。
古写真の調査・鑑定の方法
写真は何時、誰によって発明されたのかご存知でしょうか?現存する最古の外界を写した写真は、1827年にフランス人のジョセフ・ニセフォール・ニエプス(1765〜1833)によって撮影され、ヘリオグラフィーと命名されました。この写真術はアスファルトの感光性を利用した方法でした。その後、ニエプスと協力して研究を進めたフランス人ルイ・ジャック・マンデ・ダゲール(1787〜1851)が、銀板上に画像を形成する方法を完成し、ダゲレオタイプ(日本では銀板写真ともいう )と名付けて1839年に公表しました。日本にはじめて銀板写真が渡来した(輸入された)のは嘉永元年( 1848 )で、場所は長崎、輸入者は上野俊之丞であったとするのが、現在のところ最も有力な説です。このように、日本には、約 160年に及ぶ写真の歴史があり、日本の写真史に関する優れた研究書も出版されています。しかし、その数は決して多いとは言えず、また写真史料学や写真鑑定学といった分野は、 未だ確立されていないのが現状です。しかし 前述したように、近年、日本においても写真を歴史資料として活用しようとする社会的要求が高まってきています。したがって、古写真の調査・鑑定法の道筋を切り開き、ひいては写真史料学・写真鑑定学を確立してゆくことが必要になってきていると言えるでしょう。

そこで、以下に私が現状で考えられる古写真の調査・鑑定のポイントについて、簡単にご紹介させていただきます。
続きを読む >>
| 吉田 成 | 古写真研究 | 15:13 | - | - |
古写真研究って何?
百の言葉よりも一枚の写真が多くのことを雄弁に語ってくれることがあります。激動の時代を駆け抜けた幕末の志士の肖像や群像、百年以上も昔の風景、歴史上重大な意味のある事件、庶民の生活や風俗等を写した写真、これら一枚一枚の 写真は、言葉では語り尽くせない真実味をもって私たちに多くのことを語りかけてくれます。そして、これらの資料写真は歴史学をはじめとする種々の学術資料として極めて貴重なものとなっていいす。
続きを読む >>
| 吉田 成 | 古写真研究 | 00:44 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

このページの先頭へ